読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきチャンネル

いろんなことをつぶやきんぐw

HKT48 田島芽瑠 センターについて

芸能

HKT48兒玉遥さん(19)、田島芽瑠さん(16)、

朝長美桜さん(18)がモデルプレスのインタビューに応じた。

 

6月に行われた「AKB48 45thシングル選抜総選挙」では、

史上初の2連覇を成し遂げた女王・指原莉乃を筆頭に、

候補42人のうち約半数の19人がランクインしたHKT48

 

結成当初の平均年齢は13.8歳。

 

“最年少グループ”としてスタートしてから5年、

いまやその人気は先輩グループと匹敵する。

 

しかし、ここまで来るのは平坦な道ではなかった。

 

メンバーの脱退と移籍、そしてこれまでの48グループでは

見られなかった初期からの度重なるセンター交代劇…

 

激動の日々を駆け抜けてきた

中心メンバー3人のリアルな今の胸の内を聞いた。

 

今回は田島芽瑠さんのセンターについてです。

 

f:id:norisuke-p:20160912215834j:plain



田島芽瑠/映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』より(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

 

― 田島さんは、センターについてどう思われますか?

 

田島:今回の映画でも、

はるたん(上野遥)がフューチャーされているんですが、

色んな所で、色々なメンバーに光が当たるチャンスがあるところが、

HKT48の良いところだと思います。

センターを固定しないことで、皆が目指せる場所になって、

いつか自分にもチャンスがあるんじゃないか、

いつか自分もあそこに立てるのではないかという希望が持てるし、

そこに向かって頑張るという目標にもあげやすい。

なので、私も固定じゃなくて

多くのメンバーに光が当たったほうがいいかなと思います。

 

― 自分がセンターになりたい、というよりは、そういう気持ちの方が強い?

皆と一緒に目指す場所という意識が強いですね。

 

― 映画の中では、センターに選ばれた際にMV撮影で上手く踊れず苦悩した瞬間などが映しだされていましたね。

田島:私も元々気持ちを表に出せない方なので、

なかなか難しかったのですが、本音を出せました。

ファンの方から「観たよ」という声もたくさん頂いて、反響の大きさを実感しました。

 

f:id:norisuke-p:20160912220218j:plain

 

mdpr.jp